本文へスキップ

<校訓>「独立自尊」「友愛協同」「進取創造」を活かす学校経営

電話でのお問い合わせはTEL.0749-74-0013

〒526-0244 滋賀県長浜市内保町627番地

おかげさま(令和4年9月29日)校長 堤 正則


「 楽しむ学校 」

 二学期のビッグイベントの一つ、体育大会が終わりました。感染拡大により延期開催となりましたが、保護者の皆様には、多数のご観覧を賜り誠にありがとうございました。
 生徒たちは、走って、投げて、バトンやタスキを繋ぎ、学級の団結のために燃えて躍動感一杯で、みんな颯爽としていました。
 競技記録の向上や学級のアピール力の高まりは、まさに今年の生徒会スローガン「継往開来」(けいおうかいらい:伝統を受け継ぎ、それを発展させ、未来を開く)を象徴するものでした。
 私も観ていて思わず身を乗り出し、拍手をしていました。何事も全力で行っている姿は美しく感動がありますね。
 そして、全力で行っている当人は楽しさいっぱいです。

 孔子(中国・春秋時代の学者・思想家)は、「論語」の中で次のように言っています。
 「これを知る者は、これを楽しむ者にしかず。」(本当に学ぶためには、楽しむことが一番!)
 我を忘れ、全力で取り組む姿が、楽しんで行っていることで、生徒たちはきっと最高の気分でしょう。この”全力で楽しむ姿”こそ、真の学びの姿です。
 親や教師も志を持ち、全力で楽しく学んでいく過程の中に、子育てや教育があるのではないでしょうか。
 秋は澄心(ちょうしん)。読書の秋。勉学の秋。私たち大人も、最も頭が冴える時期です。
 しっかり学びたいものです

浅井中生ファイト 負けてたまるか!
 生きる

 夏休み明け、全校生徒に送ったハガキの返事が何枚か届いた。少し紹介しよう。
「僕が今、こうして生きていることは奇跡だ。」
「今の普通の日々は、”当たり前”ではない。」
「一秒一秒を大切に、精一杯生きたい。」
 これらは、「自分とは何か」「生きるとはどういうことか」を考えている言葉だ。私は、たいへん感銘を受けたし、とても嬉しかった。

 人間は一人では決して生きられない。多くの物や人に支えられて、生かされているのだ。
 そして、生きるためのルールがある。家族のルール、学校のルール、社会のルール……。
 このことが理解できると「自分勝手をしない」ことの重要性がわかる。「あいさつ」や「言葉」を大切にして、お互いに尊敬し合って、元気に生きていこう。浅井中生なら必ずできる!

information

長浜市立浅井中学校

〒526-0244
滋賀県長浜市内保町627
TEL.0749-74-0013
FAX.0749-74-8070